ロボットカーに乗っていた監視役の技術者、罰ゲームすぎる
ロボットカーに乗っていた監視役の技術者、罰ゲームすぎる

人間の手も目も借りず、Ford(フォード)のロボットカーが闇の中の道を走り抜けた。ヘッドライトも点けず。そんな話題がインターネット上で注目の的だ。

4月中旬の発表によると、フォードのハイブリッド車「Fusion Hybrid(フュージョンハイブリッド)」の実験用モデルが、夜に明かりも点けず、自動運転でアリゾナの砂漠を走り回ったそう。

ハイブリッド車「フュージョン・ハイブリッド」の実験用モデル
ハイブリッド車「フュージョン・ハイブリッド」の実験用モデル

センサーが特徴。黒いヘルメットを一緒に映しているのは雰囲気を出す小道具か
センサーが特徴。黒いヘルメットを一緒に映しているのは雰囲気を出す小道具か

暗視ゴーグルをつけた人間の技術者が監視役として乗り組んだが、さぞかし肝が冷えたに違いない。あるいは自社の発明を信頼しきっていただろうか。

暗視カメラで撮影したようす。ヘッドライトは消えている
暗視カメラで撮影したようす。ヘッドライトは消えている


各種レーダー、ライダー(レーザーで測量する光センサー)を駆使したほか、道路情報、標識、地形や樹木や建物に関する情報を網羅した高解像度の3Dマップを利用したという。