現在位置が分かるGPSや、地形図などを備えた新たなスマートウォッチ「epixJ」が登場した。登山などに便利。Garmin(ガーミン)ブランドの製品で、いいよねっとが4月23日に発売予定。

文字盤の部分に215×180ピクセルのディスプレイを備える。ルート検索が可能な道路地図、縮尺2万5,000分の1の地形図と同等の地図データを、全国すべての地域にわたり収録している。

また米国の「GPS」をはじめロシアの「GLONASS」、日本の「みちびき」などの衛星測位システムから電波を受信し、正確に現在位置を調べられる。

がっしり
がっしり

これに加え登山をはじめさまざまなアクティビティに合わせた設定があらかじめ登録してある。クロスカントリースキー、スキー、ハイキング、ウォーク、トレイルラン、ラン、屋内ラン、バイク、屋内バイク、屋外スイム、プールスイム、トライアスロンなどだ。毎日の活動量と睡眠状況を記録・管理可能なライフログ機能も備える。

スマートフォンとも連携する。各種データを同期できるほか、電話の着信やTwitter、Facebookなどの通知を表示する機能もある。このほか音楽の再生、停止、曲送りなどの操作も行える。どこかに置き忘れたスマートフォンを探せる機能もある。

本体サイズは5.33×5.08×1.78cm。重さは約85g。希望小売価格は8万9,000円(税別)。