キヤノンは、新開発の超音波モーター「ナノUSM」を搭載した高倍率ズームレンズ「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM」を3月25日に発売する。希望小売価格は8万3,000円(税別)。

EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM
EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM

「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM」は、APS-Cサイズのセンサーに適した光学系を備えた「EF-S レンズ」シリーズの新製品。新開発の超音波モーター「ナノUSM(Ultrasonic Motor=超音波モーター)」搭載により、従来機種と比べてフォーカスレンズの駆動速度が最大約4.3倍となり、AF速度が向上した。また、従来機種の光学系を継承して、非球面レンズやUDレンズなどの特殊光学系を採用しており、さまざまな収差を良好に補正することで高画質を実現する。

別売りのパワーズームアダプター「PZ-E1」(6月下旬発売)を装着すると、電動による滑らかなズーミングが可能となり撮影表現の幅を拡大できる。キヤノン専用のソフトウエア「EOS Utility」および「Camera Connect」を利用したリモート撮影の際もパワーズームが可能。