一部のiPhoneなどで時刻設定を「1970年5月」以前に設定すると起動しなくなるとして不安を呼んでいた問題。開発元のApple(アップル)は今後のソフトウエア更新で対応する方針を明らかにしている。

アップルが公式サイトに掲載した注意書きによるとiPhoneだけでなくiPad、iPod touchで同様の問題が発生する。いったん起動しなくなると、使っている人が容易に直せるような方法はまだないようだ。

ちなみに注意書きの更新があったのは米国時間の2月15日。ただしそのずいぶん前からこの問題については、信頼性の高いニュースサイトやブログから指摘が出ていた。

モバイル関連の専門ブログとして定評のある「すまほん!!」などは、インターネット上で、このような時刻設定をすると「動作が高速化する」「通信制限が解除できる」などのでまかせが広がっている点を危惧(きぐ)している。もちろん多くの人はだまされないだろうが、面白半分でも試したりしないことだ。

インターネットコム編集部でも、すでにアップルの広報部に問い合わせ、使う人が何に気を付ければよいのか、もしうっかり起動できなくなったらどうすればよいのかを尋ねていたが、2月16日時点までコメントは得られていない。

ともあれアップルは問題を収拾する姿勢を示した。あとは早期の対応を望みたいところ。