タブレットを片手に颯爽と現れた男性。いや、持っているのはお弁当?意外性とクールさを備えた弁当箱「Prepd Pack」を、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で見つけました。

クール、でもどこかワイルド
クール、でもどこかワイルド

米国・サンフランシスコのPrepdが展開する「Prepd Pack」は、健康的でエコな食生活の実現を掲げる弁当箱。複数のタッパーやカトラリーを収めてすっきり持ち運ぶことができます。食事の時は、広げた蓋の部分がランチョンマットになるため、机を散らかすこともありません。

オフィスの机でもスマートに食事
オフィスの机でもスマートに食事

専用アプリも用意されており、栄養士やシェフが「Prepd Pack」用にプロデュースしたレシピを見ることが可能。栄養素やカロリーを確認することもできます。そのほかに、レシピを保存したり、ほかのユーザーと交流したりできる機能がついており、健康的なお弁当作りを長続きさせるための工夫が感じられます。

専用レシピで調理も詰めるのもスムーズに
専用レシピで調理も詰めるのもスムーズに

デザートまでしっかり入ります
デザートまでしっかり入ります

Kickstarterの公式ページでは製品化のための支援を2月27日まで受付中。支援額に応じて実際の製品を送ってもらうことができます。2月9日時点では、目標額2万5,000ドルをはるかに上回る60万ドル以上が集まっており、健康に気をつかう人たちの反響の大きさがうかがえます。

※画像はKickstarterの「Prepd Pack」ページから