こんにちは、ミニプロジェクターです
こんにちは、ミニプロジェクターです

スーツのポケットに入れて持ち運べそう。小型・軽量の「ミニプロジェクター C-10W」が、2月上旬にキヤノンマーケティングジャパンから発売されます。携帯性に優れており、外出先の会議やアウトドアなどで手軽に利用できるのだとか。想定販売価格は4万9,800円(税別)。

スマートフォンと並べてもこのコンパクトさ
スマートフォンと並べてもこのコンパクトさ
 
同製品のサイズは111×111×17.2mm、重さは260g。大判のハンカチを4つ折にした位のサイズ感で、カバンなどにすっきり収めて運ぶことができます。Wi-Fiに対応しているため、PCやスマートフォンなどの画面をワイヤレスで投写することが可能。アクセスポイントがない環境では直接接続することもできます。

そのほかのスペックを見ると、電源が不要で約1.5時間のバッテリー駆動が可能。光源は輝度100lmのLED光源で、約1万時間の長寿命を実現しています。画素数は854×480(WVGA)で、PCの解像度をそのまま表示可能です。

スマートフォンの画面をワイヤレスで投写
スマートフォンの画面をワイヤレスで投写
 
キヤノンマーケティングジャパンによると、モバイル型のプロジェクターは外出先の会議やプレゼンだけでなく、いろいろな使い道があるのだとか。キャンプなどのアウトドアや友だちとの集まりなど、スマートフォンの写真や動画をみんなで鑑賞したいといった場面でも重宝されているそうです。

ビーチで鑑賞会なんてカッコイイ
ビーチで鑑賞会なんてカッコイイ

ちなみに同社は、やはりモバイル型の「ミニプロジェクター C-5」も昨年8月より販売。「C-10W」よりスペックが控えめのこちらは、胸ポケットに収まるコンパクトサイズをアピールしています。
 
2015年発売の「C-5」は胸ポケットサイズ  なんでも持ち運びやすい世の中になりましたね
2015年発売の「C-5」は胸ポケットサイズ
なんでも持ち運びやすい世の中になりましたね