ネットワークインテグレーションのオリゾンシステムズは、イスラエル InfoGin と総代理店契約を締結、モバイルコンテンツ変換クラウドサービス「GinWiz」を開始した。

GinWiz は、PC 向け Web コンテンツを人工知能を使った特許技術で解析し、スマートフォンなどのモバイル端末向けに自動的にリアルタイムに変換して最適化するサービス。 ワンソースの Web コンテンツを、複数種類のモバイル端末に展開できる。


GinWiz は、国内外1万4,000以上のモバイル端末のデータベースを持っており、あらゆるデバイスから快適に利用できるよう、スペックに合わせて最適に表示させることができる。

GinWiz は現在、ンテンツプロバイダや検索エンジン、企業など、世界で100万ユーザー以上に利用されているそうだ。

オリゾン、イスラエル InfoGin のモバイル向けにコンテンツを変換するクラウドサービスを開始
サービスの仕組み

GinWiz サービスサイトに変換したい PC サイトの URL を入力、モバイルサイトの目的やサイト利用者の特性に合わせて、テンプレートや基本色を選ぶと、利用できるようになる。PC サイトが更新されると、モバイルサイトも自動的に更新される。

PC サイトのコンテンツは、GinWiz の人工知能による独自アルゴリズムで解析され、コンテンツの構成要素を優先順位付けしてレイアウトされるなど、モバイルブラウジング用に自動的に変換・最適化される。

(左) PC サイトをそのまま表示 (右) GinWiz で PC サイトをスマートフォンに最適化
(左) PC サイトをそのまま表示、(右) GinWiz で PC サイトをスマートフォンに最適化


また、ドラッグ&ドロップで直観的に利用できる「レイアウトエディタ」と「アドバンスエディタ」の2つのデザインツールがあり、モバイルサイトには適さない情報を削除したり、モバイルサイトだけで表示する情報を追加したりできる。

Facebook や Twitter との連携ツールバーを追加したり、通話機能や GPS 機能と連携するなどもできる。

さらに、GinWiz の簡易アクセス解析機能や GoogleAnalytics との連携、SEO 対策設定もある。