タカラトミーは、iPad の画面上に置く四角い積み木のような“キューブ”で専用 iPad アプリケーションに働きかけられる、幼児/未就学児向け知育玩具「Cube touch(キューブタッチ)」を4月23日に発売する。「まち」「いきもの」の2種類を用意する。メーカー希望小売価格は、いずれも2,700円(税別)。連携させる対応 iOS アプリケーションは無料。

iPad を積み木みたいな“キューブ”で操作する知育玩具「Cube touch」 、タカラトミー
iPad で遊ぶ知育玩具「Cube touch」(左「まち」、右「いきもの」)
(C) TOMY
(出典:タカラトミー)

Cube touch は、タカラトミーが「あそびを通して子どもの成長を育む」と提唱する概念「遊育」トイ シリーズ「JOUJOU(ジョジョ)」の第一弾商品。子どもの“あそび”に最新テクノロジーを取り入れることで新たな驚きや発見を提供する、親子で楽しめる“プリスクール トイ”だという。ちなみにシリーズ名の JOUJOU は、フランス語の「おもちゃ」に相当する単語「jouet(ジョ)」を子どもが発するときの言い方だそうだ。

「遊育」トイ シリーズ「JOUJOU」 (C) TOMY (出典:タカラトミー)
「遊育」トイ シリーズ「JOUJOU」
(C) TOMY
(出典:タカラトミー)

今回リリースする Cube touch は、幅50×奥行き50×高さ 22mm のキューブを iPad の画面に置いたり、画面をこすったりして遊べる知育玩具。手で持ったキューブを画面に接触させると指で画面タッチしたのと同じ効果が得られることを利用し、対応アプリケーション「JOUJOU Cube touch(ジョジョ キューブタッチ)」を操作できる。例えば、Cube touch の「まち」の場合、地図上に建物を建てたり“窓掃除ゲーム”をしたりといった遊び方が可能。

JOUJOU Cube touch の画面例 (C) TOMY (出典:タカラトミー)
JOUJOU Cube touch の画面例
(C) TOMY
(出典:タカラトミー)

タカラトミーは、指を使い、キューブを掴み、押したり引いたり、ひねったりなど能動的な遊びをすることで「子どもの成長を育む」としている。

Cube touch の紹介動画