ビジネス SNS 「LinkedIn」は、登録ユーザー数が3億人を突破したと発表した。前年に2億人を超えてから1年3か月あまりで1億人を積み増した計算だ。

ビジネス SNS「LinkedIn」、登録ユーザー3億人を突破、1年3か月あまりで1億人積み増す
登録ユーザー3億人突破を祝うインフォグラフィック(出典:LinkedIn 公式ブログ

LinkedIn は2003年にサービスを開始。登録ユーザー数は2011年に1億人、2013年に2億人を超え、成長は加速している。2014年4月時点では、米国内のユーザーが約1億人、それ以外が約2億人となっている。

同社は、世界の労働人口33億人に経済的機会をもたらすことを目標として掲げており、3億人の突破はその里程標という認識だ。今後はさらにユーザーを獲得するため、モバイル分野、それに中国市場へより力を入れるという。

LinkedIn は、2014年後半には全トラフィックの50%以上がモバイルからになると見込んでいる。すでにコスタリカ、マレーシア、シンガポール、スウェーデン、アラブ首長国連邦(UAE)、英国など数十の地域で、モバイルからアクセスするユーザーの方が PC より多いという。

また LinkedIn は2014年に中国語簡体字のベータ版(試用版)を公開しており、今後、1億4,000万人以上の中国の専門職を取り込む狙いだ。