米国企業CEO支持率ランキング
米国企業CEOの支持率ランキング発表
(画像はGlassdoorのWebサイトから)

米国で求人情報と企業情報を提供しているGlassdoorは、従業員からの評価をもとにした米国企業のCEO支持率ランキング「Highest Rated CEOs 2016」を公表した。FacebookのCEOであるMark Zuckerberg氏が4位など、日本でも名前の知られているIT企業のトップが高い評価を受けている。

今回のランキングでの大きな変化は、Googleの前CEOだったLarry Page氏の名前が無いこと。同氏は2015年のランキングでは従業員から97%の支持を受けて1位となり、シリコンバレーの「ビッグボス」とも呼ばれていた。同氏は現在、Googleを傘下に収める親会社「Alphabet」のCEOを務めている。

「Highest Rated CEOs 2015」ではLarry Page氏が1位だった  (画像はGlassdoorのWebサイトから)
参考資料:「Highest Rated CEOs 2015」ランキング
このときはLarry Page氏は1位を獲得していた
(画像はGlassdoorのWebサイトから)

Page氏に代わってGoogleのCEOに就任したのはPage氏の“副官”Sundar Pichai氏。同氏は今回のランキングで従業員から96%の支持を受け、7位にランクされた。

Google CEO Sundar Pichai氏
Googleの新CEO Sundar Pichai氏は7位に
(画像はGlassdoorのWebサイトから)

Googleは2015年には「Best Places to Work」ランキングでも1位だったが、2016年にはこの座をAirbnbに明け渡し、8位にランクを下げている。

Best Paces to Wrok 2016で一位になったAirbnb
「Best Places to Work 2016」で1位を獲得したのはAirbnb
2015年には圏外だった
(画像はGlassdoorのWebサイトから)

2016年のランキングで4位を獲得したのはFacebookのZuckerberg氏。従業員からの支持率は97%だった。同氏は2013年に99%の支持を受け、初登場で1位を獲得している。

AppleのCEOであるTim Cook氏は96%の支持を受けて8位にランキングされた。

Highest Rated CEO 2016で8位になったTim Cook氏
AppleのCEOであるTim Cook氏は96%の支持を受けて8位
(画像はGlassdoorのWebサイトから)

「Highest Rated CEOs 2016」トップ25中、ハイテク関連企業・組織のCEOランキングは次の通り。

2位 Ultimate SoftwareのScott Scherr氏、支持率 99%
4位 FacebookのMark Zuckerberg氏、支持率 97%
5位 LinkedInのJeff Weiner氏、支持率 97%
6位 SalesforceのMarc Benioff氏、支持率 97%
7位 GoogleのSundar Pichai氏、支持率 96%
8位 AppleのTim Cook氏、支持率 96%
10位 Red HatのJim Whitehurst氏、支持率 96%
12位 T-MobileのJohn Legere氏、支持率 95%
15位 MathWorksのJack Little氏、支持率 95%
18位 KronosのAron J. Ain氏、支持率 95%
20位 Adobe のShantanu Narayen氏、支持率95%
24位 Juniper NetworksのRami Rahim氏、支持率94%

ランキングは、Glassdoorサイト利用者からのレビュー結果を集計したもの。調査期間は2015年5月2日から2016年5月1日まで。CEOに対する少なくとも100件のレビューがあること、企業が少なくとも1,000人の従業員を雇用していることなどの条件をクリアした企業のCEOをランク付けしている。