トヨタがテスラと共同開発した電気自動車「RAV4 EV」
かつてトヨタがテスラと共同開発した電気自動車「RAV4 EV」、

トヨタ自動車は、電気自動車(EV)開発を担う新たな社内ベンチャーを立ちあげると発表した。早期にクルマを市場に出すためだ。

新ベンチャーは、豊田自動織機、アイシン精機、デンソー、トヨタの各社から1人ずつ、計4人が参加する直轄組織として、2016年12月に発足する。

EVの開発にあたってトヨタグループ内の技術ノウハウ、資源を活用し、小さな組織で従来とは全く異なる仕事の進め方をするという。

トヨタはかハイブリッド車(HV)、プラグインハイブリッド車(PHV)、燃料電池車(FCV)などに力を入れて来た。特にFCVは航続距離、燃料の充填(じゅうてん)時間などの面で、従来のガソリン車と同等に使い勝手がよく、「究極のエコカー」ととらえ重点を置いている。

ただ国や地域ごとにエネルギー課題やインフラ整備状況が異なる一方、規制強化が各国で急速に進んでいるため、EVも力を入れることにしたという。

「排気ガスなどの規制は厳しいが、燃料電池車のインフラは不十分な地域」を念頭に置いているようだ。

もっともトヨタも以前からEVにも関心を寄せており、今やこの分野の雄であるTesla Motors(テスラ)と提携してクルマを開発したこともある。

新たなトヨタのEVがどんなものになるだろうか。