ドコモのフレキシブルディスプレイ採用スマートフォン
画面がにょろーんとのびる

次世代のスマートフォンは、画面が巻物のように開いてのびちぢみするようになるかもしれない。NTTドコモは「フレキシブルディスプレイ」と言うやわらかい部品を使ったスマートフォンのための技術開発を進めている。

フレキシブルディスプレイは最近、いくつかの企業が発表している。ドコモが工夫しているのはそれをどう生かすかという点。ディスプレイの一部をくるくると巻き取ったり、逆に引き出したりして、スマートフォンの大きさからタブレットの大きさまで自在に変更できるようにし、好きな画面サイズで映像を視聴できるようにした。

巻きとった状態のディスプレイ
小さく巻き取った状態から

引き出した状態のディスプレイ
大きく引き出した状態に。合わせて映像も即座に変わっていく。

どれくらいディスプレイを巻き取ったかをセンサーで計測し、画面のサイズに合わせて映像の横幅なども自動調整する。

技術開発に用いたフレキシブルディスプレイについては、半導体エネルギー研究所が協力している。


なお11月17日、18日に神奈川県横須賀市の施設「ドコモR&Dセンタ」で開催するイベント「DOCOMO R&D Open House 2016」で実際の見本を公開する。