デジタル一眼レフカメラ「ニコン D3400」
「ニコン D3400」
※AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR装着時

ニコンイメージングジャパンは、ニコンDXフォーマットデジタル一眼レフカメラのエントリーモデル「ニコン D3400」を9月16日に発売した。ボディ単体の直販価格は6万4,800円(税込)。

2014年に発売された「D3300」の後継機種。常用感度域はISO100からISO25600まで対応している。画像処理エンジン「EXPEED 4」と連携し、薄暗い室内や夜景などでもノイズを抑えた高精細な撮影が可能。また、有効画素数2416万画素、光学ローパスフィルターレス仕様により、「NIKKOR」レンズの解像力を最大限に活かせるとしている。

初心者でも簡単に綺麗な写真を撮影できるよう、液晶モニターで操作の案内をしてくれる「ガイドモード」を搭載。撮影した写真を自動でスマホなどに転送できるアプリ「SnapBridge」にも対応している。

カラーは「ブラック」と「レッド」の2種類。

デジタル一眼レフカメラ「ニコン D3400」