自転車用キャンピングカー「Wide Path Camper」

2014年にプロトタイプが公開されて話題となった「Wide Path Camper」。その出荷が9月に開始されると発表された。

自転車用キャンピングカー「Wide Path Camper」
「Wide Path Camper」の出荷が9月開始!

「Wide Path Camper」とは、自転車で牽引するキャンピングカー。二つ折りにできるのが特徴で、移動時には二つ折のコンパクトな状態で自転車で牽引し、キャンピングカーとして使用する際には通常サイズに戻して利用する。この仕組みにより、自転車牽引タイプのキャンパーでありながら、大人2名の就寝を可能にした。

自転車用キャンピングカー「Wide Path Camper」
その特徴は“二つ折り”
(画像はプロトタイプ時のもの)

自転車用キャンピングカー「Wide Path Camper」
自転車で牽引する際にはコンパクトにして
(画像はプロトタイプ時のもの)

自転車用キャンピングカー「Wide Path Camper」
キャンプ場に着いたら広げて使用可能
(画像はプロトタイプ時のもの)

室内に備え付けられたベッドは、折り畳むとソファになる。折り畳み式テーブルと一緒に利用することで、「Wide Path Camper」は単に寝るだけの場所ではなく、くつろげるキャンパーとして使用可能だ。

自転車用キャンピングカー「Wide Path Camper」
ベッド(画像左)は、折り畳むとソファに(画像右)
(画像はプロトタイプ時のもの)

自転車用キャンピングカー「Wide Path Camper」
キャビン内はくつろぎの空間?
(画像はプロトタイプ時のもの)

二つ折り時のサイズは99x130センチ。キャンピングカーとして使用する際のサイズは99x260センチで、重さは45キロと小型軽量。開発者であるデンマーク在住のMads Johansenさんは、「Wide Path Camper」は女性でも牽引できると述べている。

自転車用キャンピングカー「Wide Path Camper」
重さ45キロで女性でも牽引できる
(画像はプロトタイプ時のもの)

ただし、坂道を登るのはかなり大変だそうだ。また、向かい風、横風にも弱いという。

自転車用キャンピングカー「Wide Path Camper」
電動アシスト機能が欲しい
(画像はプロトタイプ時のもの)

価格は標準タイプで3,500ユーロ。様々なオプションが用意されており、例えばソーラーパネルパッケージは1,250ユーロ、キッチンパッケージは250ユーロなどとなっている。

自転車用キャンピングカー「Wide Path Camper」
オプションでキッチンパッケージも用意された

「Wide Path Camper」を見ていると、「自転車があればどこでも行ける!」と思えた子どもの頃を思い出す。「Wide Path Camper」を自転車で牽引しながら、夏のデンマークを旅するのは楽しいかもしれない。だが、自転車は、電動アシスト付きを選びたい。

自転車用キャンピングカー「Wide Path Camper」
自転車に乗って、どこまでも!
(画像はプロトタイプ時のもの)