Amazon.co.jpが送料無料の範囲を変更したことが話題に
Amazon.co.jpが送料無料の範囲を変更したことが話題に

Amazon.co.jpが送料無料の範囲を変更したことが話題になっている。実質としては「送料無料の方針の終了」といった声もある。

Amazon.co.jpは、ほかのショッピングサイトとの競争などから2010年に原則、すべての商品について送料無料の方針をとった。しかし負担が大きかったらしく、2012年には「あわせ買い」という制限をかけた。これは単価の安い商品について、1回の注文金額が合計で2,500円(税込、以下同じ)以上にならないと購入できないようにする、というものだった。

最近の変更でさらに、商品の単価によらず、注文金額が合計2,000円未満だと、一律で350円の送料がかかるようになった。複数の届け先を指定した場合、届け先ごとの注文金額が合計2,000円未満だと、それぞれ350円がかかる。あるいは注文したあと、いずれかの商品をキャンセルして合計金額が2,000円未満になっても、やはり送料がかかる。

なお、単価の低い商品の「あわせ買い」制限も並行して続いており、購入に必要な注文金額は合計2,000円以上となっている。

「あわせ買い」制限も継続
「あわせ買い」制限も継続

ちなみに「お急ぎ便」「お届け日時指定便」の送料は360円で、通常の送料との差はわずか10円。お急ぎ便などは、年会費制の「Amazonプライム」会員になると無料なので、「実質Amazonプライムへの加入を促すもの」という分析もある。

Amazonプライムへの加入を促している?と感じるかどうかは人それぞれだが
Amazonプライムへの加入を促している?と感じるかどうかは人それぞれだが

とはいえ1回に2,000円以上まとめ買いすれば相変わらず送料無料になるので、そう感じるかどうかは人によるだろう。なお、Amazon.co.jpの書籍やAmazonギフト券については引き続き送料無料となっている。