2016年のゴールデンウィークは2日休めば10連休になると言われる。ただ実際に10連休をとる人は8%。マクロミルが調査結果をまとめた。

この調査は3月15日、16日にインターネット上で実施し1,245件の回答を集めた。

航空会社や旅行会社などは、5月2日と6日に有給休暇などをとれば10連休になるとして海外旅行への夢を描くが、現実にそうする人は10人に1人未満となるもよう。

そもそも今年のゴールデンウィークに3日以上の連休が取得できるのかどうかを聞いてみたところ、明確に「できる」と答えた人は全体の40%。「できない」が29.2%、「まだ分からない」が30.8%だった。


ちなみに「できる」と回答した人の平均は5.9連休という。

3連休以上の休暇が取れるという人に予定を複数答えてもらったところ「自宅でゆっくり過ごす」が37%で最も多く、「日帰りレジャー」が32%、「1泊以上の国内旅行」が23%と続く。


なお「海外旅行」は3%にとどまる。