新製品「LUMIX DMC‐CM10」
新製品「LUMIX DMC‐CM10」

パナソニックが発表したコミュニケーションカメラ「LUMIX DMC‐CM10」。「LTE」方式の携帯電話回線につないで、撮影した写真を簡単に「Instagram」などにシェアできる。背面のタッチスクリーンで操作することが可能。

まずカメラとしての性能をみると、2,010万画素、1.0型高感度MOSセンサーを搭載。ライカの品質基準を満たした「F2.8 LEICA DC ELMARIT(エルマリート)」レンズを搭載。画角は28mm(35mm判換算)。レンズリングは市販のオプションで拡張可能な37mm径。本体サイズは約135.4×68.0×21.1mm。

従来モデル「LUMIX DMC-CM1」に続きライカの品質基準を満たしたレンズを搭載
従来モデル「LUMIX DMC-CM1」に続きライカの品質基準を満たしたレンズを搭載

パナソニックは「一眼並み」としており、性能に自信がありそう。

背面のモニターは4.7型622万ドットで、タッチ操作ができ、さらに「自分撮り」ができる107万画素のインカメラが付いている。カメラを動かすための基本システムとしてAndroid 5.0を採用している。従来モデル「LUMIX DMC-CM1」などと同じく実質スマートフォンに近い性能だ。

すごく、Androidスマートフォンです
すごく、Androidスマートフォンです

「LTE」通信機能も備えており、SIMカードを挿入すると携帯電話回線を通じてインターネットにつなげられる。さまざまなアプリケーションで撮影した写真を表示したり編集したりでき、写真を自動でオンラインストレージ保存する、ソーシャルメディアでシェアすることも可能。

さらに、Google Playから追加でアプリをダウンロードできる。標準搭載の音声通話機能はないが、マイクやスピーカーも付いているので、SkypeやLINEは使えるだろうか。ゲームでも遊べるのだろうかと想像がふくらむ。

2月25日に発売予定。オープン価格だが、モニター販売の入札は下限が8万8,400円(税込、以下同じ)、上限が10万7,700円。

【追記2016/1/20 15:09】

パナソニックに問い合わせたところ、LUMIX DMC-CM10でも、LINEやSkypeなどのアプリを使えるし、ゲームでも遊べる。ただし「あくまでカメラなので、通話などには使いづらいのではないか」というもっともな指摘もあった。