エプソンは、約2年分のインクが同梱されたエコタンク搭載プリンター「EW-M660FT」の発売を発表。インク交換の手間を減らすとともに、低コストも実現するとしている。発売日は2月4日。

安心してください、たっぷりはいってますよ
安心してください、たっぷりはいってますよ

「EW-M660FT」は、大容量のインクタンクを備えたA4カラー複合機。約2年分に相当するインクボトルが同梱されており、インクの追加購入と交換の手間を軽減する。同梱のインクのみで約1万1,300ページまで印刷できるそうだ。追加のインクボトルも用意されており、ランニングコストはカラー約0.8円(税別、以下同じ)/モノクロ約0.4円。

A4カラー複合機「EW-M660FT」
A4カラー複合機「EW-M660FT」

インクボトルが各色2本ずつ同梱される
インクボトルが各色2本ずつ同梱される

エコタンク搭載プリンターのモノクロモデルとして、A4モノクロ複合機「PX-M160T」とA4モノクロプリンター「PX-S160T」も発売される。予想市場価格は、「EW-M660FT」が5万円台中盤、「PX-M160T」が2万円台後半、「PX-S160T」が1万円台後半。交換用のインクボトルは、「ブラック」(140ml)が1,800円前後、「シアン」「マゼンタ」「イエロー」(各70ml)が各900円前後。

A4モノクロ複合機「PX-M160T」(左)  A4モノクロプリンター「PX-S160T」(右)
A4モノクロ複合機「PX-M160T」(左)
A4モノクロプリンター「PX-S160T」(右)