コンテナトラックの写真
トラックを使う。その発想はなかった

Amazon.com(アマゾン)はエクサバイト(100京バイト)単位の巨大データを安全かつ効率よく転送する方法を開発した。データ記録装置を備えたコンテナトラックを物理的に目的地まで走らせるという。その名も「Snowmobile」。

さまざまな企業からデータを預かり、インターネットなどを通じて利用できるようにするアマゾン傘下の「Amazon Web Services(AWS)」による新サービス。

初め多くの人を呆然とさせたこの発想は、しかし考えてみると中々効率が良いかもしれない。100京バイト単位のデータを現行のインターネットを介してAWSの施設に転送すると、数年、下手をすると数十年かかる恐れがある。

だがSnowmobileであれば数週間で済むという。専用トラックには長さ45フィート、高さ9.6フィート、幅8フィートのコンテナが付いていて、10ペタバイトの容量を持つ記録装置を搭載。350kWの電源供給能力があり、耐衝撃性、防水性、気候調節機能を備える。1Tb/s(毎秒1テラビット)のネットワーク機能があり、10日間で装置の上限いっぱいまで外部からデータを積み込める。

複数台を利用でき、移動中はGPSで追跡が可能。携帯電話回線や衛星通信でAWSと常時接続も行える。さらに護送車を付き添わせられる。

ところで、ここまでしてAWSに移す大容量データとは何だろう。映画会社などが保管している映像や、金融機関の取引履歴、高精細な衛星写真、研究機関の持つ科学実験の記録といったところか。Snowmobileはすでに米国で導入事例があるそう。