ドコモ、正月太りをデータで裏づけ--解消の策はお早めに
だって、動きたくないじゃないですか

年末年始のごちそう続きで身体を重く感じてくる時期。「会社のみんなに太ったことがばれそう」と恐れている人もいるのでは?「大丈夫、私だけじゃない!」と安心できそうなデータを、ドコモ・ヘルスケアが公開しました。

公開されたのは、同社のヘルスケアデータサービス「WM(わたしムーヴ)」を利用する会員の「体重」「睡眠」「歩数」の平均値。2014年10月27日〜2015年10月26日の1年間を通した変動が、年末年始に着目してまとめられています。


まずは週ごとの平均体重。会員の平均体重がピークに達したのは「2015年1月5日〜11日」の週で「67.59kg」でした。体重の増加量もこの期間が一番多く(+0.55kg)、正月太りが国民的な現象であることがわかります。

週ごとの平均体重と体重増加【kg】
週ごとの平均体重と体重増加【kg】

正月太りの背景には、食べ過ぎに加えて運動不足もありそうです。週ごとの平均歩数は「2014年12月29日〜2015年1月4日」の週が一番少なく「5,206歩」でした。年間の平均歩数は6,372歩であるため、年末年始の歩く量は20%近く少ない計算になります。また同期間の平均睡眠時間は、年間で最長の「6時間33分」。年間平均(6時間8分)と比べて25分間長くなっています。やはり年末年始は多くの日本人にとって、のんびりできる特別な時期なんですね。

週ごとの平均歩数【歩】
週ごとの平均歩数【歩】

週ごとの平均睡眠時間【分】
週ごとの平均睡眠時間【分】

たくさん食べて、たくさん寝て、家の中でゴロゴロ過ごす。こんなぜいたくのためなら少しぐらい太っていいかも?ちなみに、平均体重が年間で最大となった日は、正月休み明けの「2015年1月6日」でした。正月太りをしたくない人は、これから数日間が正念場のようです。

※調査出典
ドコモ・ヘルスケア「健康プラットフォームWM(わたしムーヴ)のデータからみる健康調査」
集計期間:2014年10月27日〜2015年10月26日