中国で検索された日本の食べ物、1位は「寿司」、2位はなぜかアレ―バイドゥ
寿司は分かる

2015年に中国の検索サービス大手「バイドゥ」で人が最も多く調べた日本食は「寿司」。2位はなぜか「納豆」だった。

バイドゥが、中国で検索の多かったキーワードから日本に関するものを抽出し、カテゴリー別にまとめた。


日本食のランキングをみると、世界中で市民権を得つつある寿司はともかくとして、納豆は国内でも好き嫌いが分かれる食べ物だが、意外と中国で気になるものなのだろうか。謎である。

納豆、気になるのか
納豆、気になるのか

以下はおでん、天ぷら、鉄板焼き、わさび、たこ焼き、刺身、清酒、ラーメンと続く。

たこ焼きってそんな漢字なんだ
たこ焼きってそんな漢字なんだ

ほとんどが定番のキーワードらしいが、「清酒」は今年初めて上位に入ったそう。日本食と一緒に日本酒の人気も高まっているのだろうか。

清酒、どんな風に飲むんだろ
清酒、どんな風に飲むんだろ

バイドゥはほかにも中国で検索が多かった日本の都道府県、アニメ、ドラマなどをまとめている。

カネキ君、人気?
カネキ君、人気?

アニメについては「NARUTO(ナルト)」の1位はそうだろうなと思う一方、「東京喰種トーキョーグール」が2位なのはちょっとびっくりする。