国勢調査は、総務省統計局が5年に一度行っているものだが、平成27年(2015年)の国勢調査は、我が国で初めて、全世帯を対象としたオンライン調査で実施される。インターネットによる回答数は1,000万世帯を超えるものと想定され、世界最大級の規模となる。スマートフォンからも回答できる。

調査票の配布に先行して、インターネット回答期間を設定、9月10日から9月20日まで、インターネット経由で回答できる。その後、インターネット回答のなかった世帯にのみ調査票が配布される。


今年の国勢調査はインターネットで―初の全世帯対象のオンライン調査
オンライン調査を先行実施する

調査は、2015年10月1日午前零時現在で実施され、10月1日現在、日本国内に住んでいるすべての人(外国人を含む)と世帯が対象となる。

調査事項は、世帯員について、「男女の別」「出生の年月」「配偶の関係」「就業状態」「従業地又は通学地」など13項目、世帯について、「世帯員の数」「住居の種類」「住宅の建て方」など4項目について。

調査の結果は、「人口速報集計」を2016年2月に、その後、年齢別人口、世帯の状況などの詳しい調査結果を2016年10月末までに公表される予定。公表された調査結果は、総務省統計局のホームページのほか、都道府県立図書館などで閲覧できる。