地上3万メートルの成層圏でのプロジェクションマッピング「Mission to the Earth」(ミッション トゥ ジ アース)が、ブラザー工業によって実施される。

プロジェクションマッピングでは、一般ユーザーが応募した顔写真を宇宙飛行士の人形に投影、「地球をバックにした自撮り」を疑似体験できる。


地上3万メートルの成層圏でブラザーが地球をバックに自撮り体験イベント
スペースバルーン(大型の風船)に機材を乗せて

イベントは、専用機材を搭載したスペースバルーン(大型の風船)を成層圏まで打ち上げ、世界中から募集した顔写真を順番に人形に投影する。

スペースバルーンの打ち上げに先立ち、ブラザー工業の環境スペシャルサイト「brotherearth.com」の特設ページで、8月16日まで、顔写真を募集している。スペースバルーン打ち上げ予定は8月下旬、動画公開予定は9月下旬。

地球をバックに自撮り体験
地球をバックに自撮り体験