ウェザーニューズがスマートフォンアプリ「ウェザーニュースタッチ」で6月7日〜7月11日に実施した「傘調査 2015」によると、全国で最も折り畳み傘が使われているのは東京都だということが判明した。

全国5万6,894人から寄せられた回答を集計した結果、全国で最も折り畳み傘が使われているのは東京都で、使用率が上位のエリアは関東南部に集中した。東京都は雨に濡れるのを最も嫌う地域なので、電車やバスで邪魔にならない折り畳み傘を持ち歩く人が多いのかもしれない、とウェザーニュースではコメントしている。


また、“突然の雨”で傘を買う男性は女性の2倍、“一目惚れの衝動買い”で傘を買う女性は男性の2倍だということがわかった。

「あなたがよく使うのは?」という質問で、“長傘”“折り畳み傘”“ビニール傘”“その他”の4択を用意したところ、全国の約半数が長傘をよく使用しており、女性では7割を超えていることがわかった。
 
次に多かったのは折り畳み傘の25%で、地域別にみると1位が東京都、2位以下には神奈川県・千葉県・埼玉県と、関東南部に集中する結果となった。関東南部で折り畳み傘がよく使われる理由は、地方に比べ車での外出が少ないこと、電車やバスで邪魔にならないコンパクトな傘が好まれることが考えられる。

雨に濡れたくない東京都民と傘に一目ぼれする女性―「ウェザーニュースタッチ」が調査
よく使う傘

折りたたみ傘ランキング
折りたたみ傘ランキング

また、傘を購入する場面を調査するため、「1番使う傘、どんな時に買った?」と質問し、“突然の雨で”“ネットでじっくり”“店頭でじっくり”“一目惚れの衝動買い”“もらった”という選択肢を用意したところ、“店頭でじっくり”が一番多く、全体の約4割を占めた。また、男女別では、“突然の雨で”と回答した割合は男性が女性の2倍、“一目惚れの衝動買い”は女性が男性の2倍となった。

男性は突然の雨で、女性は一目ぼれで傘を買うことが多い
男性は突然の雨で、女性は一目ぼれで傘を買うことが多い