千葉市の気象情報会社、ウェザーニューズが、2月27日から3月3日、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」を使って、全国のウェザーリポーター(花粉症のユーザーのみ)と“第1回花粉症調査”を実施した。

調査には、5日間で延べ2万3,744人から回答が寄せられた。調査結果から、花粉症にかかっているユーザーの9割が、飛散ピーク前の2月末までに発症し、若年層ほど重い症状が出ていることがわかった。


花粉症の9割が飛散ピーク前に発症―ウェザーニューズの“第1回花粉症調査”
花粉症の症状は出ていますか。

花粉症の症状は出ていますか。(年代別)
花粉症の症状は出ていますか。(年代別)

また、花粉症の2人に1人が2月前半までに事前対策を始め、年齢が上がるほど早めに対策を始めていることがわかった。対策にかけた費用は3,323円で、大量飛散時の2013年と比べて1,000円以上も上昇した。最高金額は石川県で4,692円となった。

さらに、花粉症の2人に1人が子どもも花粉症を発症、花粉症の3人に1人がその親も花粉症を発症していることから、親世代より子どもの世代で花粉症が増えている傾向が見られた。