ライフメディアは、同社の調査サービス「リサーチバンク」を通じ、北陸新幹線の利用意向などに関する調査を首都圏、富山県、石川県の在住者を対象に実施した。それによると、全体の83.3%が利用したいと答えた。居住地域別の利用希望率は、首都圏在住者が77.5%、富山/石川県在住者が89.1%。

本日開業「北陸新幹線」、83.3%が「利用したい」、首都圏在住者は8割弱、富山/石川在住者は約9割
北陸新幹線の利用意向

北陸新幹線は、北陸地域を経由して、将来的に東京と大阪を結ぶ新幹線。3月14日に長野駅と富山駅/金沢駅の区間の運行が始まり、東京と富山間が最短2時間8分、東京と金沢間が最短2時間28分で移動できるようになった。新型車両の E7 系と「W7」系が投入され、「かがやき」「はくたか」「つるぎ」「あさま」といった列車が走る。見事なインテリアの特別車両「グランクラス」も魅力だ。


上:北陸新幹線に投入される新型車両 E7 系 下:贅沢な空間のグランクラス (出典:JR 東日本)
上:北陸新幹線に投入される新型車両 E7 系
下:贅沢な空間のグランクラス
(出典:JR 東日本)

この調査では、利用意向に関する質問で北陸新幹線を「利用予定がある」「利用したいと思う」と答えた1,000人に対し、利用目的を尋ねた。最も多い回答は「短時間で移動ができるから」(41.0%)だが、「新しい北陸新幹線に乗りたいから」(40.2%)、「観光地が魅力的だから」(38.9%)との差はごくわずかだ。

また、利用意向は居住地域の違いがあまりなかったのに対し、利用目的は居住地域によって傾向が大きく異なった。具体的な結果は以下の通り。

【観光地が魅力的だから】
・全体:38.9%
・首都圏:63.0%
・富山/石川:17.9%

【良い温泉があるから】
・全体:22.9%
・首都圏:38.1%
・富山/石川:9.7%

【グルメが楽しめそう】
・全体:26.4%
・首都圏:44.3%
・富山/石川:10.8%

【伝統文化やアートが楽しめそう】
・全体:12.0%
・首都圏:19.4%
・富山/石川:5.6%

【行きたいところがあるから】
・全体:18.2%
・首都圏:14.4%
・富山/石川:21.5%

【新しい北陸新幹線に乗りたいから】
・全体:40.2%
・首都圏:29.9%
・富山/石川:49.2%

【短時間で移動ができるから】
・全体:41.0%
・首都圏:21.1%
・富山/石川:58.3%

北陸新幹線を利用したい理由
北陸新幹線を利用したい理由

調査は、2月27日から3月2日にかけて実施し、首都圏(埼玉/千葉/神奈川県、東京都)在住者600人、富山/石川県在住者の600人から回答を得た。