旅行中の乗り物、特に飛行機内では、他の乗客のどんなマナーが気になるだろうか。

オンライン旅行会社エクスペディアジャパンでは、10代〜60代の男女500人を対象に、飛行機のマナーに関する意識調査を実施している。調査の結果、以下のようなことが分かった。


日米で異なるフライトマナー、「後ろからシートを蹴る」人は共通で迷惑行為1位だが
飛行機内で迷惑だと思う客はどんな客?

「飛行機に乗る際に、飛行機内で迷惑だと思う客」の1位は、男女ともに「後ろからシートを蹴る」、続いて「匂いがきつい」「背もたれを深く倒してくる」「子供の面倒を見ない」という結果になった。ほぼ、男女とも同順位。

ただ、全体を通して女性のほうが「迷惑行為」と回答する数が多かったそうだ。一方で、「手荷物が多すぎる」のを「迷惑」と感じている男性が女性の2倍いることも分かった。男女では手荷物の量が違うことから、この結果が出たものと考えられる。

また、日米の旅行者では、差がもっとも現れたのは「背もたれを深く倒してくる」だった。

日米ともに、一番迷惑な行為として「後ろからシートを蹴る」をあげ、「匂いがきつい」も同様に上位3位にランクインした。

日米の回答の差が開いたのは、「背もたれを深く倒してくる」 と「イヤフォンからの音漏れ」だ。日本人が迷惑だと思う行為3位の、背もたれを深く倒す行為は、米国人にとっては当たり前の行為であったり、日本人が気にしないイヤフォンの音漏れが、米国人の気に障っていたりするようだ。

総じて、日本人はパーソナルスペースを占領されることに嫌悪感を感じ、米国人は子供の騒ぎ声や音漏れなど、ノイズに不快感を感じる傾向があるようだ、とエクスペディアではコメントしている。