教育機関向け統合型情報共有クラウドサービス、「Microsoft Office 365 Education」の国内ユーザー数が220万人を突破したそうだ。日本マイクロソフトによると、児童・生徒・学生などの学習者と教職員が利用する統合型情報共有クラウドサービスとしては、国内最大級だという。

国内ユーザーの増加に伴い、Office 365 Education の特典である「Student Advantage」を学習者が簡単に利用できる仕組み「セルフ サインアップ」が開始された。


Student Advantage は、包括契約(EES/OVS-ES)をもち、かつ教職員全員の Office 365 ProPlus または Office ProPlus を保有している教育機関に所属する学習者が、追加費用なしで最新の Microsoft Office を利用できる特典。Student Advantage 特典を利用するには、包括契約(EES/OVS-ES)を最新価格で契約していることが条件となる。

「セルフサインアップ」では、専用 Web サイトにアクセスし、学内メールアドレスを入力するだけで簡単に最新の Microsoft Office を入手できる。追加費用はいらない。現在 Student Advantage の権利を持っている教育機関に所属する学生は、いつでもこの仕組みを使って Office を入手できるようになる。

従来この特典を学習者が利用するには、教育機関の IT 管理者がユーザーアカウントを作成したりするなどの手続きが必要だった。

学習者のための総合サポート窓口「日本マイクロソフト Student Advantage ヘルプデスク 」も開設された。また、国立情報学研究所(NII)が運営する学術認証フェデレーション「学認」(GakuNin)に参加している教育機関向けに、「学認」上から Microsoft Office をダウンロードできるポータルサイトが、4月に公開される予定だ。

これにより「学認」参加教育機関は、既存のユーザー管理基盤とポータルサイトのユーザー管理基盤を連携させ、学習者に、Student Advantage の特典をより簡単に提供できるようになる。

所属する教育機関が「セルフ サインアップ」の利用対象かどうかは、Student Advantage 総合サイトで事前に確認できる。

学校の Office 365 国内ユーザー数が220万人を突破、Student Advantage をより手軽に
Student Advantage Web ページ