サンワサプライは、USB ケーブル1本でノートパソコン/タブレット端末に、モニタや有線 LAN などの周辺機器をまとめて接続できる、USB3.0 ドッキングステーション「USB-CVDK1」を発売した。頻繁に持ち運ぶ端末を、大画面のモニタで使えるようになる。対応 OS は Windows 8.1/8/7(64bit/32bit)。税込価格は3万2,184円。

USB ケーブル1本で周辺機器をまとめて接続、サンワサプライドッキングステーション
ドッキングステーションの利用シーン

同製品は表面に USB3.0 ポート2つとヘッドホン/マイク端子を備える。裏面には、USB2.0 のポートが4つと LAN ポート、HDMI/DVI ポートを備える。USB3.0 ポートのうちひとつは、スマートフォンを高速充電できる 1.5A 出力 。また、LAN ポートはギガビット(1000BASE-T)に対応する。


接続端子一覧
接続端子一覧

外部モニタは、ミラーモードと拡張モードに対応する。HDMI と DVI ポートを搭載しているので、モニタを2台同時に接続することもできる。最大2画面までミラーモード出力が可能だ。対応解像度は、フルHD(1920×1080)、WUXGA(1920×1200)、QWXGA(2048×1152)。

外部ディスプレイの利用方法
外部ディスプレイの利用方法

サイズは 幅 181.5×奥行き 77.2×高さ 31.1mm。重さは約 365g。電源として AC アダプタが付属する。