インターネット利用状況調査会社のビデオリサーチインタラクティブは、「Cloudish」 の2014年11月度のアプリ利用ログデータから、平日の昼休み時間帯の Android フォンのアプリ利用状況についてまとめた。

Cloudish は、10万人以上のスマートフォンユーザーから収集したアプリ利用データを基に、時間帯/日別でのアプリ利用動向や、データマイニング機能を使った利用アプリ間の関連性、個別アプリのライフサイクルを予測/分析するサービス。VRI のスマートフォンユーザーのアプリ利用データを、日本マイクロソフトのパブリッククラウドサービス「Microsoft Windows Azure」に蓄積し、Excel で分析およびレポーティングできる。
 
利用状況のまとめによると、2014年11月度の平日1日当たりのアプリ利用率の時間帯別では、7時台と12時台、17時〜22時台にアプリ利用が活発になっているそうだ。


昼休みの時間帯である12時台(全体の利用率30.8%)に絞り、性年代別で利用率をみると、学生が多くを占める「女性10代」では、21.7%と、相対的に低い。これは、校内へのスマートフォンの持ち込み禁止・使用制限など、学校のルールによる規制に起因している、と推測される。逆に、サラリーマンが多くを占める男性30代では、41.9%と、高い利用率を示している。

また、平日12時台のアプリカテゴリ別起動回数シェアをみると、「LINE」など通信カテゴリのアプリの起動回数が、45.2%までのシェアを占めた。次いで、「パズル&ドラゴンズ」などゲームカテゴリ(13.1%)、「電源管理」などのツールカテゴリ(11.3%)、「Twitter」「Facebook」などのソーシャルネットワークカテゴリ(10.1%)が続く。

昼休みのアプリ利用状況が特徴的だった女性10代と男性30代で、利用率上位アプリタイトルをみてみると、ともに LINE が最も高く、利用者1人当たりの平均起動回数も、他アプリに比べて相対的に多くなっている(この傾向は、他の年代層でも共通している)。

その他、女性10代では、「LINE camera」 「カメラ360」「無音カメラ」など、カメラアプリが多くランクインしているのが特徴。「Instagram」や Twitter など、写真でコミュニケーションできるソーシャルアプリも上位にランクインしていることから、カメラアプリで撮った写真をソーシャル上に投稿するケースが多い、と推察される。

一方、男性30代の特徴としては、利用率上位20位までにゲームアプリが7タイトル(女性10代は2タイトル)と多くランクインしていることが挙げられる。

昼休みに利用するアプリ、LINE などが半数近い―スマートフォンユーザーのアプリ利用実態
女性10代の主なアプリタイトルの平日12時台利用日数分布