IDC Japan は、ソフトウェアとアプライアンス製品を含めた国内情報セキュリティ製品市場における2014〜2018年の予測を発表した。2014年の市場規模は前年比4.7%増の2,582億円、2013〜2018年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は4.0%と予測している。

2014年は前年比4.7%増--IDC、国内情報セキュリティ製品市場の予測を発表
国内情報セキュリティ製品市場の2014〜2018年の予測

セグメント別に見ると、2014年の国内セキュリティソフトウェア市場の推定は前年比4.1%増の2,140億円。アイデンティティ/アクセス管理やエンドポイントセキュリティ、ネットワークセキュリティなどの需要が高まったためだという。2015年以降もクラウドサービスやモバイル端末の利用拡大、標的型サイバー攻撃増加により、アイデンティティ/アクセス管理やエンドポイントセキュリティなどの需要が拡大。2013〜2018年の CAGR は3.9%、2018年の市場規模は2,485億円に達すると予測している。


国内セキュリティソフトウェア市場に含まれる SaaS 型セキュリティソフトウェア市場については、アイデンティティ/アクセス管理やエンドポイントセキュリティ、Web セキュリティの需要が拡大。2014年の市場規模は前年比12.5%増の121億円と推定している。2015年以降は先進的なマルウェア対策や運用管理負荷軽減のニーズが高まり、SaaS 型ソリューションの需要が拡大する見込み。2013〜2018年の CAGR は11.6%、2018年の市場規模は186億円に達すると予測している。

一方、2014年の国内セキュリティアプライアンス市場の推定は、前年比7.5%増の442億円。IDS/IPS(Intrusion Detection System:侵入検知システム/Intrusion Prevention System:侵入防御システム)と UTM(Unified Threat Management:統合脅威管理)の高い需要が後押しした。2015年以降も標的型サイバー攻撃の対策需要が高く、多層防御を備えた UTM 製品や IDS/IPS 製品が市場をけん引する。また、電子メールや Web 経由による未知の脆弱性を狙ったゼロデイ攻撃増加により、サンドボックスエミュレーション技術などを使った非シグネチャ型マルウェア対策アプライアンス製品の需要も高まるそうだ。2013〜2018年の CAGR は4.8%、2018年の市場規模は520億円に達する見込み。

同発表の詳細は、IDC が発行したレポート「国内情報セキュリティ製品市場 2014年〜2018年の予測アップデート」(J15240101)に報告されている。