ネオマーケティングは、「iPhone 6/6 Plus」購入者を対象に、満足度調査を実施した。その結果、総合満足度は KDDI(au) が1位であることなどがわかった。

iPhone 6/6 Plus の購入理由として、「大画面化」(44.7%)、「電池持ち」(29.0%)、「高速 CPU」(28.3%)が上位だった。一方、購入後の満足度では、「画面解像度」(93.2%)、「端末の薄さ」(91.8%)、「カメラ機能」(91.5%)が上位となっており、実際に端末を使用することで、iPhone 6/6 Plus の新たな魅力が発見できるようだ。


iPhone 6/6 Plus 満足度調査―総合1位は au
iPhone 6/6 Plus の購入理由

購入時のキャリアの選択理由は、「もともとその通信会社を利用しているから」(31.5%)が最も多かった。次いで「LTE」の広さや日常のつながりやすさ、途切れにくさなどの「LTE」関連項目が選ばれており、特に au ユーザーはキャリアを選ぶ理由として「LTE」関連項目を選択していた。「下取りキャンペーン」については、ソフトバンクモバイル(33.5%)、au(27.5%)と選択理由が高くなっている一方で、NTT ドコモのユーザーは、2.5%と低い結果となっている。

購入時のキャリアの選択理由
購入時のキャリアの選択理由

iPhone 6/6 Plus ユーザーの総合満足度は au が1位となり、35項目中31項目で au がトップになった。au ユーザーは、「プラチナバンド LTE への対応」(92.5%)、「混雑地帯での安定した通信」(91.5%)、「次世代通信技術に対応していること(予定であること)」(90.5%)など LTE 通信関連の項目において満足度の高い結果であるとともに、「アフターサービス・サポート」(87.5%)、「月々の料金プラン」(75.0%)、「旧料金プランが選べる」(81.0%)、「動画サービスなどのコンテンツ」(89.5%)など周辺サービスでも高い結果となり、総合的に満足度が高かった。
iPhone 6/6 Plus ユーザーの総合満足度
iPhone 6/6 Plus ユーザーの総合満足度

ドコモユーザーは、35項目中6項目で1位になった。「携帯キャリアとしての信頼性」(93.0%)、「LTE 通信エリアの広さ(LTE が入らない場所の少なさ)」(93.5%)、「Wi-Fi サービス」(85.5%)で1位を獲得した。

ソフトバンクユーザーは、1位を獲得した項目はなかったものの、「SNS 利用」「メール利用」などで他社に肉薄した。なお、「携帯キャリアの総合的な魅力」(91.5%)、通信品質の「エリアの広さ」(93.5%)の2項目ではドコモと au が同率1位となっている。