米国 HP は8月26日(日本時間8月27日)、米国消費者製品安全委員会(U.S. Consumer Product Safety Commission)の協力のもと、ノート PC で使用する特定の AC 電源コードを回収、無料で交換する自主回収プログラムを発表した。

この AC 電源コードは、ノート PC とドッキングステーションなどのオプション製品の AC アダプターに同梱され、2010年9月から2012年6月の間に出荷されたが、過熱、発火する可能性があり、火傷などを負う危険がある、とのことだ。


対象となるのは、ノート PC とオプション製品に同梱されている AC 電源コードで、AC アダプター本体に接続する側のプラグに「LS-15」のマークが付いているものだが、「LS-15」マークが付いているものがすべて自主回収プログラムで回収されるわけではない。

対象となる AC 電源コードは、同社 Web ページで確認できる。

発火する恐れのあるノート PC の AC 電源コード、米 HP が自主回収
「LS-15」マーク付きの AC 電源ケーブル