日本郵便は、2015年(平成27年)用年賀葉書の販売を10月30日から開始する。今年は、「ハローキティ」をデザインした絵入り年賀葉書(ハローキティ 年賀)も販売するそうだ。

「ハローキティ 年賀」には、日本郵便の郵便葉書として初めて AR(Augmented Reality:拡張現実)機能が付いており、スマートフォンやタブレット端末などで葉書うら面の二次元コードを読み取り、専用アプリをダウンロードして楽しむことができる。


またこのほかに、ソニーデジタルネットワークアプリケーションズと連携した、年賀葉書の料額印面でキャラクタが動き出す、「LiveAction AR」による動画コンテンツもある。

さらに、SNS 上の知り合いにも年賀状を送るサービスで、今回新たに「LINE」と連携した。LINE の友人・知人に、スマートフォン版「はがきデザインキット」で作成した年賀状を、国内・国外にかかわらず、紙の年賀状で届けるサービスを行う。

日本郵便の年賀状、来年は「ハローキティ」や AR 対応で LINE とも連携
「ハローキティ 年賀」