LINE は、スマートフォンで自分の写真を撮る“自撮り(セルフィー)”を行うためのカメラ アプリケーション「B612」をリリースした。自撮り専用としたことで操作をシンプルにし、顔写真が「可愛く/かっこよく」なるフィルターを多数用意している。現在 iPhone などで利用可能な iOS 版を提供中。Android 版は後日公開する。

LINE、“自撮り専用”カメラ アプリ「B612」の iOS 版をリリース
自撮り専用カメラ アプリ B612

B612 は自撮り専用で、起動後すぐ内側カメラで撮影できる状態になり、カメラを切り替える手間がかからない。撮影は画面のどこかをタップするだけなので、片手でも自撮りしやすい。


画像を加工するフィルターは自撮り用で、柔らかくするものやシャープにするものなど43種類。気に入ったフィルターを自分で選べるほか、ランダムでフィルターを適用することもできる。さらに、被写体の顔と体の部分を自動認識してほかの部分をぼかすアウトフォーカス機能、複数の写真やフィルター加工結果を1枚の画像に加工するコラージュ機能も備えている。

各種フィルターを用意(左) フィルターはランダム適用も可能(右)
各種フィルターを用意(左)
フィルターはランダム適用も可能(右)

コラージュ機能
コラージュ機能

なお、同アプリケーションの B612 という名称は、小説「星の王子さま」で王子さまが住んでいたとされた小惑星の名前から付けたそうだ。「B612」という小惑星は実在するが、こちらも星の王子さまにちなんで名づけられた。