キングジム東急ハンズ。Twitter の企業アカウントとしては人気の高い2社が、タイムライン上の日常会話からコラボレーション商品を企画し、実現した。A4サイズの書類を三つ折りにし、カバンやスーツの裏ポケットなどに入れて簡単に持ち運べるホルダー「キングジム×ハンズ トラベル・オレッタ」だ。キングジムが商品化し、東急ハンズが1,000冊限定で販売する。価格は550円(税別)。

Twitter の名物アカウント、キングジムと東急ハンズがコラボ商品を生み出す
キングジム×ハンズ トラベル・オレッタ

2013年11月に、@kingjim、@HandsNet という両社のアカウントが交わした日常会話をきっかけに生まれた商品。熱心なファンから商品化を望む応援の声が多数寄せられたことも実現を後押ししたという。


キングジムは当時のやりとりを再現して公開
キングジムは当時のやりとりを再現して公開

両社話し合いの上、キングジムが2013年に発売した書類ホルダー「オレッタ」に東急ハンズが旅行時に便利な情報を付加して独自の仕様にした。

表紙には旅行時に便利な「世界各国の電圧/プラグ早見表」を記載。また中面には主要国の通貨とあいさつの表、持ち物チェックリストを記載したシートを付属する。プラホック付きで、人に見られたくない内容の書類も安心して持ち運べるという。カラーはベージュとグレーの2種類。

キングジムと東急ハンズでは、今後も新たなコラボレーション商品を検討していくとか。

なお、Twitter 上では早くも両社のアカウントによる熱心な商品宣伝が展開中。それぞれのフォロワー数や人気からすると、1,000冊を完売するのはそう難しくないように思える。

今回の企画が無事成功すれば、Twitter アカウントを運用する他社も同様の試みを検討する可能性が出てくるだろう。ソーシャルメディアの企業アカウント、特にひところ「軟式」といわれたようなアカウントの意義について、あらためて考える機会になるかもしれない。