日本マイクロソフトは、「Windows Server 2003」のサポートが日本時間の2015年7月15日(米国時間2015年7月14日)で終了するのに伴い、サポート終了の2015年7月15日までを「サーバー移行支援強化期間」とし、パートナー各社と連携し、Windows Server 2003 から最新のサーバー/クラウド環境へ移行を支援する各種施策を実施中だ。

強化期間中は、移行計画の相談、移行作業や移行コストの負担軽減など、課題にあわせて適切なパートナー企業を紹介し、オンプレミスおよびクラウドの双方を含む、適材適所の最適な移行先を提案する。


予算の問題で移行を検討するのが困難な顧客には、調達は今年度に済ませ、費用を優遇金利で支払うことができるようにする支援も行う。また、「Windows Server 2012 R2」およびクライアントアクセスライセンス(CAL)のオープンライセンス価格を10%割引するキャンペーンを実施する。

NEC ではサポート終了に向け、NEC グループ各社が取り扱う移行サービスを集約、メニュー化したポータルサイト「Windows 情報ポータル」を立ち上げている。

また、富士ソフトは、Windows Server 2003 サポート終了特設サイト「らくらくサーバー移行コンシェルジュ」を開設した。

Windows Server 2003 サポート終了を目前に移行支援や特設サイト
「らくらくサーバー移行コンシェルジュ」

Windows 2003 が正式にリリースされたのは2003年5月。10年以上もの間使われてきたサーバー OS だが、現在は延長サポート期間に入っており、それも来年の7月で終了する。Windows XP サポート終了時のような混乱を防ぐためにも、日本マイクロソフトにとって、パートナー各社の協力は必須だ。