角川アスキー総合研究所は、ePub 形式の小説やコミックなどの電子書籍を Twitter のタイムライン上で読むことのできる“Twitter ePub ビューワー”技術を開発した。さまざまな出版社が ePub コンテンツを一般消費者にツイート/リツイート(RT)してもらうプロモーション手段として活用できるようにするため、「KADOKAWA」ブランドでコンテンツ展開する角川グループ以外の出版社も利用できるようオープンに運営する方針。対応コンテンツは、Web サイト「tw-epub.com」で配信中。

Twitter タイムラインで ePub 電子書籍が立ち読み可能に、角川アスキー総研が技術開発
Twitter で ePub 電子書籍が立ち読みできる

この技術は、Twitter のタイムラインに各種データを掲載する仕組み「Twitter カード」を用いて実現。ePub データをツイートに埋め込めるようにしており、パソコンやスマートフォン、タブレットからアクセスした Twitter のタイムライン上で ePub 電子書籍が購読できる。ユーザーは Twitter からほかのサイトへ移動せずに作品を読めるので、購買の動機付けとして有効な「試し読み」「立ち読み」を Twitter 内で完結させられる。


Twitter タイムライン埋め込み用の ePub データは tw-epub.com で公開され、Twitter ユーザーなら誰でも投稿可能。ePub データ入りツイートをリツイート(RT)することも可能。投稿データには外部サイトへのリンクを含めると、ユーザーをワンクリックで購入サイトへ誘導できる。

対応コンテンツを配信する tw-epub.com
対応コンテンツを配信する tw-epub.com

タイムライン上で ePub 電子書籍がどのように読めるのかについては、百聞は一見に如かずということで実際のツイートにアクセスしてほしい。

ePub 電子書籍を Twitter で表示した例 購入サイトへの誘導も可能
ePub 電子書籍を Twitter で表示した例
購入サイトへの誘導も可能

同技術を開発し、tw-epub.com を運営するのは角川グループの角川アスキー総研であるが、特定の出版社に限定利用させることなく「出版業界全体の作品流通に活用いただけるオープンな業界横断プラットフォームサービス」として使ってほしいとする。現時点で、KADOKAWA 以外の出版社からも含め2万点を超える作品の掲載依頼が届いており、配信に向けて順次対応中という。