サイボウズスタートアップスは、「安否確認サービス」のバージョンアップを発表した。従来のスタンダードプラン、気象庁の地震情報と連携して一斉送信ができるプレミアプランに加え、家族の安否確認に対応した「ファミリープラン」を新たに追加する。

「安否確認サービス」新バージョンで家族の安否を確認できる「ファミリープラン」を追加
家族掲示板のイメージ

今回追加された「ファミリープラン」は、災害が起きた場合、事前に登録したメールアドレスに通知が送られ、家族間で状況を報告し合う掲示板機能が利用できるようになる仕組み。また、他人の家族掲示板は管理者でも閲覧できないようにしており、家族間のプライベートな情報交換ができる。


イメージ
URL をクリックすればすぐに利用できる

ユーザーは最大8人まで家族を登録できる。家族を登録する際に必要なのは、名前とメールアドレスのみで、ID/パスワードなどの登録は不要。家族に送られるメールには、ワンクリックでログイン可能な URL が付随しており、緊急時に ID やパスワードを忘れても利用できる。

なお、安否確認サービスの新バージョンは、7月16日から18日に東京ビックサイトで開催される、オフィス防災 EXPO のサイボウズスタートアップスブースで体験できる。