ヤフーは「T ポイント」を手がけるカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)との提携にもとづき「Yahoo! JAPAN ID」を持つユーザーの Web サイト閲覧履歴や商品購入履歴、サービス利用履歴といった情報を CCC へ提供する計画だが、CCC への情報提供を望まない人や、提供停止したものの再開させたい人を対象とする「停止、再開受付ページ」の運営を再び始めた。

ヤフー、CCC 向け情報提供オプトアウト申請ページを再開、申請済みでも念のため再確認を
情報提供を拒否することが可能

ヤフーはポイント サービス「Yahoo! ポイント」を T ポイントへ統合するなど、CCC との連携を進めて来た。そして今回のプライバシーポリシー変更で関係をさらに強化し、ヤフーから CCC には Web サイトの閲覧履歴、キャンペーン参加情報、顧客分析情報を提供する一方、CCC からヤフーには商品購入履歴、キャンペーン/サービス利用履歴、顧客分析情報を送ることにしている。ただし、こうした情報のやりとりを希望しないユーザーに対応するため、両社は情報交換を停止できるオプトアウト申請ページを用意した。


同ページは6月2日のプライバシーポリシー改訂にともない開設したが、動作に問題があるため翌3日に使用停止となっていた。この短い開設期間中に情報交換「停止」を申請したとしても、情報交換が「有効」な設定に戻されている恐れもあるので、申請済みユーザーも念のため同ページで確認しておいた方がよいだろう。

情報提供を再開することもできる
情報提供を再開することもできる

なお、実際の情報提供は現在のところまだ行っていないそうだ。今後、今回の申請ページ再開から一定期間をおいてから実施する予定としている。