経済産業省によると、パナソニックのノート PC 用バッテリパックから火が出て、周辺を焼損する火災事故が発生したそうだ。

この火災事故情報は、2月18日に製品起因が疑われる事故として公表されている。


報告のあった事故は2件だが、この他、日本で購入したノート PC を海外で使用中に、同様の事故が1件発生している。なお、これら3件の事故では、いずれも人的被害はないそうだ。

パナソニックは、同社 Web ページで、該当するバッテリパックを無償交換するため、バッテリの確認とノート PC 本体からの取り外しを呼びかけている。

無償交換の対象となるバッテリパックは、2011年4月から7月に製造された、CF-VZSU60AJS、CF-VZSU61AJS、CF-VZSU64AJS。

パナソニック、出火事故でノート PC バッテリパックをリコール
バッテリパックの品番確認方法など