iPhoneアプリを作るプログラミング言語「Swift」―誰でも改良に参加できる「オープンソース」に
Swiftがオープンソースに

iPhoneで動くさまざまなアプリケーションを作るためのプログラミング言語「Swift」。そのSwiftを、Apple(アップル)が「オープンソース」にした。今後は学生でも会社員でも、腕に覚えがあれば、Swiftへの新機能追加や改良に参加することが可能だ。

Swiftは2014年に発表。これまでアプリを作ったことがない人でも簡単に学び、使えるようになるとAppleはうたっている。 扱い方を覚えれば、iPhoneのほか、iPadやMacで動くさまざまなアプリを作ることが可能だ。


今回「オープンソース」になったことで、誰でもSwiftそのものを改良したり機能を拡充したりする取り組みに参加できるようになった。多くの人がSwiftを盛り上げれば、より多様なアプリが作れるようになるかもしれない。

アップルは「Swift.org」という英語のWebサイトを公開し、Swiftに関する技術文書や、設計図とも言える「ソースコード」などのダウンロード方法を案内している。