トラックが変形!「移動式」水素ステーションに!―燃料電池車を助ける先進設備
川崎マリエン水素ステーション

大型トラックのようなクルマが変形し、燃料電池車(FCV)に水素を充てんする「水素ステーション」になる。こんな施設を、JX日鉱日石エネルギーが神奈川県に投入した。

移動式水素ステーションと呼ばれる設備で、すでに「横浜大さん橋」が開所。今月中に「川崎マリエン」「相模原中央」でも順次使えるようになる。


イメージ
横浜大さん橋水素ステーション

相模原中央水素ステーション
相模原中央水素ステーション

コミュニティ施設などの一画に、日時を決めて水素ステーションに変形できるクルマが停車し、FCVへの燃料充てんをする仕組みのようだ。

例えば17日から利用できる川崎市の川崎マリエン水素ステーションでは、毎週火曜日と水曜日の午前10時から正午まで稼働する、といった具合だ。
FCVと組み合わせれば、災害時などにもきめ細かな電力供給に期待できそうだ。