三菱電機は、光で図形を路面に描き、車の動きを周囲にわかりやすく伝えるコンセプト「自動車向け『路面ライティング』」を発表。ドライバー同士のコミュニケーションをスムーズにすることで、交通事故の防止を目指す。

車の動きを“光”で予告する「路面ライティング」--夜間の運転も安全に
夜間でも車の動きが明快に

「路面ライティング」では、前進、後退やドア開けといった動きを、路面に投影した光のアニメーションで周囲に伝達。ほかのドライバーが車の動きやドライバーの意思を素早く理解することで、急ブレーキが減るなど道路環境の安全性を向上できるとしている。今後はこの技術の実用化を目指し、事故防止のための具体的なコンセプトを示していくそうだ。


同コンセプトの一部は、「第44回東京モーターショー2015」(10月29日〜11月8日)に出展される同社のコンセプトカー「EMIRAI3xDAS(イーミライスリー エックスダス)」に搭載されている。