米国の国防高等研究計画局(DARPA:Defense Advanced Research Projects Agency)は、米軍のために新技術の研究開発を行う国防総省の機関だが、そのDARPAが、この2年ほど、「Vanishing Programmable Resources」 (VAPR) というプログラムで、自己崩壊するエレクトロニクス機器の構成要素を開発してきた。そして、重要な供給物を正確に配達した後、そのドローンが空中消滅する、「イカロス」プログラムを発表した。

VAPRプログラムの目標は、戦闘の後に残されても、敵対者に見つからないように消滅する電子製物質の開発だ。


配達後消滅するドローン、DARPAが開発中
羽より軽いドローン?(出典:DARPA)

VAPRプログラムでは、構造的に健全な、一時的な物質を開発しており、その中には、直接固体から気体に昇華する小さなポリマーのパネル、使用後すぐに超微細粒子に粉砕される、高圧内部構造の電気をおびたガラスのひもがある。

「イカロス」は、ギリシャ神話の物語のひとつを暗示すると同時に、「Inbound(内向きの) Controlled(制御された)Air-Releasable(空気に開放できる)Unrecoverable(回復不能の)Systems(システム)」の略でもある。ギリシャ神話のイカロスは、あまりに太陽の近くを飛んだため、翼が分解して消滅し、海に落ちて死んでしまうが、DARPAの「イカロス」プログラムでは、消滅したその軽い物質を真似ることを計画している。

ドローン自体の消滅は、敵に発見される恐れがないと同時に、輸送任務から部隊を解放するという利点もある。部隊は、食物や痛みやすいワクチン、インシュリン、血液、血漿製品を、地震あるいは津波のために、孤立した場所に運ぶよう要請されるとしよう。いったん配送任務が完了し、それらを配送したドローンが消滅し、それについて一切忘れることができれば、輸送の任務から部隊は解放されるのだ。

2015年10月9日付のBAA(DARPAの公示)によると「イカロス」では、26か月続く、総予算800万ドルの、2段階のプログラムが予定されている。