次世代の重機型巨大ロボット「SUPER GUZZILLA」(スーパーガジラ)が、7月18日〜8月31日に開催されるフジテレビのイベント「お台場夢大陸〜ドリームメガナツマツリ〜」内の「タグチ工業 スーパーガジラお台場基地」で披露される。

お台場に次世代重機型巨大ロボットが出現―迫力あるバーチャル脱出を体験できる
「SUPER GUZZILLA」

SUPER GUZZILLAは全長7メートル以上、高さ約3.5メートル、横幅約3メートル、総重量約15トンの巨大ロボット。両腕が自由に動き、コックピットには1名が搭乗できる。


コックピット内では、バーチャルリアリティ(VR)に特化したヘッドマウントディスプレイ「オキュラスリフト」を頭に装着し、爆発寸前の汚染施設から脱出する、360度の迫力のあるストーリー「GUZZILLA VR」(ガジラブイアール)が体感できる。実機製造は岡山のタグチ工業が、VR制作・コンテンツ企画はカヤックが行った。