自分の感情を持ったパーソナルロボット「Pepper」の一般向け販売が、6月20日に開始される。

販売数は1,000台で、6月20日午前10時から午後9時まで、Web サイトで申し込みが受け付けられる。また、先行販売として、6月19日に、ソフトバンク東京駅グランルーフフロントで限定30台が抽選で販売される。いずれも、商品は7月以降順次出荷される予定。本体価格は前回の開発者向けと変わらず19万8,000円。


絵日記もつける感情ロボット、ソフトバンクが一般向けに販売
YouTube 紹介動画から

月額1万4,800円で36か月分割払いの基本プランへの加入で、購入時に搭載されているベーシックアプリに加え、ロボアプリが利用できるようになる。保険パックは月額9,800円の36か月分割払い。基本プランと保険パックは、オンラインショップでの購入では必須。

Pepper は、今回の販売開始に合わせて、人の感情がわかるだけでなく、新たに感情を持ったそうだ。Pepper の感情には、cocoro SB(ココロエスビー)が開発したロボット自らの感情を擬似的に生成する感情機能が利用されている。

感情機能は、人間が五感から受け取る外部刺激に対し、ホルモンを分泌して感情を形成する仕組みをモデル化し、Pepper に導入したもの。搭載している感情認識機能に加え、カメラやタッチセンサー、加速度センサーなどの各種センサーから得た情報を「内分泌型多層ニューラルネットワーク」で処理して、感情を生成する。

この感情機能で Pepper の感情が変化し、言葉や行動も変化する。例えば、知っている人がいると安心したり、褒められると喜んだり、周囲が暗くなると不安になったりし、その時の感情によって、声のトーンが上がったり、ため息をついたりする。

Pepper の感情は胸のディスプレーに表示されるグラフィックの色や動きに現れ、さらに、詳細な感情の移り変わりを見られるロボアプリ「感情マップ」も提供される。また、感情と連動して Pepper が日々の気持ちや家族との出来事を絵や写真で日記にする「ペッパー絵日記」なども用意される。

さらに、発売に合わせて、あらかじめ搭載されている「ベーシックアプリ」と、アプリストアからダウンロードできるアプリ合計約200本のロボアプリが用意される。ロボアプリには、日頃 Pepper と会話をしたり触れ合ったりして得られる「ココログミ」を使うことで入手できる特別なアプリも用意されている。

秋には、専用アプリやサポートが付く法人向けモデル「Pepper for Biz」の販売も予定されている。

「Pepper」ロボアプリの紹介ビデオ