冷蔵機能付きディスプレイ、空気で衣類を洗う衣類エアウォッシャー、ハンディ栄養成分測定器、ミルク自動調合機、移動式冷蔵庫、冷やさない食品保存庫、スケルトン洗濯機など、これまでの常識を覆すさまざまな家電製品が、家電メーカーのハイアールアジアが開催した展示会「Innovation Trip! 2015 feat. AQUA」で AQUA ブランドで発表された。

まずは冷蔵庫。食料品を単に冷やすだけでは前世紀の遺物、とばかりに、冷蔵庫扉に液晶ディスプレイを配し、Wi-Fi 通信機能、マイクなどを搭載、ジェスチャーで操作する。


2015年秋発売予定の冷蔵機能付きディスプレイ AQUA「DIGI」-type1(仮称)は、扉に32インチ、フル HD モニターが2枚あり、Wi-Fi で通信、OS には Android を搭載している。

2016年発売予定の type2 は、type1に続く商品。モニター1枚を扉に設置し、本体である冷蔵機能の容量はコンパクトサイズのLを採用。「OFF ICE サービス対応製品」としても開発を進めており、例えば在庫が少なくなったらその場でディスプレイから注文できる機能も追加される予定。

2016年発売予定の type3 は、正面に4枚の大型モニターを設置した横長型のスタイリッシュなデザインだ。キッチンに設置、というこれまでの冷蔵庫の概念を取り払い、冷蔵機能のあるインテリアとして、開発が進められている。

スーツケースかと思ったら冷蔵庫だった!意表を突く家電製品が続々登場
これは冷蔵庫です

2016年春に発売予定の AQUA「Carry」(仮称)は、購入した生鮮食品や冷凍食品を長時間保冷できる移動式冷蔵庫。主婦のアイデアから企画、開発された。日常の買い物、野外キャンプ、バーベキュー、海水浴、また夏場の熱中症対策などの用途にも使える。

弊社オリジナルデザインのほか、様々なブランドと提携しコラボレーション製品も検討している。

これも冷蔵庫です
これも冷蔵庫です

6月下旬発売の衣類エアウォッシャー AQUA「Racooon」(ラクーン)は、水を使わず空気(オゾン)でスーツやジャケットなどを洗う(除菌・消臭する)。発売に先立ち、オンラインストア「A by A.com」を通じて予約販売を開始した。

2015年冬に発売予定のハンディ栄養成分測定機 AQUA「CAL」(カル、仮称)は、食材そのもののカロリーと栄養成分が測定できるもの。内蔵センサーが食材の重量を測定すると同時に搭載されたカメラが食材を認識、情報はスマートフォンなどに送られ、専用アプリが画像を基に栄養情報を表示する。また、CAL は一度認識した食材の数値やレシピ情報をアプリが自動学習するので、2回目以降は測定する手間が省ける。