米国 Google は、4月25日のネパール大地震で大きな被害を受けた地域の衛星写真を「災害情報マップ」で公開した。Google の用意している KML ファイルをダウンロードすると、3次元(3D)地図ソフトウェア「Google Earth」でも見られる。これらの写真は、4月27日以降に撮影されたもの。

Google が地震後のネパールの衛星写真を公開、安否確認サービス「パーソンファインダー」も開始
地震後のネパール

この地震は、ネパールの首都カトマンズから約 80km 離れた地点を震源とするマグニチュード7.8の大きなもの。震源の深さが 15km と比較的浅いうえ、150km と長い断層がカトマンズ近くにまで達したため、広い範囲で大きな揺れになった。各地で住居だけでなく、世界遺産に登録されている歴史的建造物も多く倒壊・損壊してしまった。犠牲者も数千人規模になっている。


なお Google は、安否確認サービス「パーソンファインダー」でネパール地震の被災者向けページの運用も開始している。

安否確認サービス「パーソンファインダー」も開始
安否確認サービス「パーソンファインダー」も開始