磁気圏観測衛星「あけぼの」(EXOS-D)の運用が終了した。

宇宙航空研究開発機構(JAXA)によると、4月23日15時59分から「あけぼの」の停波作業が実施された。


「あけぼの」は、1989年2月22日に、当時の文部省宇宙科学研究所内之浦宇宙空間観測所から M-3SII ロケット4号機で打ち上げられた、日本で3番目の磁気圏観測衛星。

目標寿命1年を大幅に超え、およそ26年2か月の長期間、観測を継続した。地球極域のオーロラ現象の観測のほか、ヴァン アレン帯(地球の磁場にとらえられた電子や陽子からなる放射線帯で、地球をドーナツ状にとりまいている)の長周期変動を観測した。

しかし、観測機器の多くが放射線で劣化して観測を停止していること、衛星の電源系機器の劣化や高度の低下のために科学的成果を出せる十分な観測データが取得できなくなったことなどから、運用を終了することになった。

目標の1年どころか26年2か月も観測を続けた磁気圏観測衛星「あけぼの」、ついに終了
磁気圏観測衛星「あけぼの」